NEKORISU-EMBEDDED

KBP-4X4W-01A


OVERVIEW  [KBP-4X4W-01A]

◆What's This◆

4×4のキーパッドです。
すべてのキーにダイオードが実装されており、複数キーの同時押下にも安全に対応します。
組み込み機器開発時のデータ入力キーとして使用できます。

組み込むケースの構造に合わせられるよう、コネクタはハンダ付けされていません。表面、裏面、どちらにもハンダ付け可能です。
8ピンのXHコネクタサイド型(S8B-XH-A)が付属します。

KBP-4X4W-01A
KBP-4X4W-01Aとコネクタ


◆Circuit◆

KBP-4X4W-01A


◆How to Use?◆

KBP-4X4W-01Aは、マイコンなどのI/Oポートに接続して使用します。
マトリックススキャンを用いて、8ピンで16個のキーの状態を取得します。
回路図中の①〜④を、マイコンの入力ポートに接続します。⑤〜⑧を出力ポートに接続します。
4本の入力ポートはプルアップしておく必要があります。マイコンのI/Oポートに内蔵のプルアップ機能がある場合はそれを利用できます。

キー押下情報の取得は、1列ずつ行います。4列を順に高速でスキャンすることにより、16個のキーの状態を取得します。
スキャンしたい列の出力ポートをLowレベルにし、その他の列の出力ポートをHighレベルにします。
例えば、⑧をLowレベルにし、⑦〜⑤をHighレベルにします。このとき、SW1がONになっていれば、入力ポートの①はLowになります。SW1がOFFららば①はHighです。
SW3がON時は、③がLowになります。
同様に⑦をLowにして、その他をHighにすれば、SW5〜SW8の状態が取得できます。
複数のスイッチが同時にONになっても正しく状態が取得できます。
例えば、SW5と、SW10、SW11の3つのキーがONになっていたとします。
⑦の列をスキャンしているとき、①がLowになります。⑥の列をスキャンしているとき、②と③がLowになり、それぞれのキーの押下情報が取得できます。


ご購入はこちら

NEKORISU ONLINE


SPECIFICATION  [KBP-4X4W-01A]

◆キースイッチ◆

キースイッチには、タクトスイッチを使用しています。キートップはクリアカバーがあり、簡単に外して文字シートを入れることができます。


◆絶対定格◆

最大電圧  12V
最大電流  50mA


◆メカニカル性能◆

動作寿命  1,000,000回
ストローク  0.3mm
作動力   130g


◆サイズ◆

KBP-4X4W-01A


◆RoHS準拠◆


ご購入  [KBP-4X4W-01A]

◆NEKORISU ONLINE◆

オンラインストアにてご購入いただけます。

NEKORISU ONLINE